日々のウィッグの制作

0 Comments
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
先日からご相談いただいていたAさんのウィッグ制作です。

まずは、残っている髪を短く切ります。

まだ残っている長い髪の毛を切るのは、患者さんには大変心の負担が大きい瞬間です

しかし、先日からのご相談からかなりお元気になられていたので、大丈夫だったようです。


お母様にも同席していただいて、いろんな疑問、質問に答えます。

やはり、メンテナンスや、ケアに関すること、初めてのウィッグで色々お話ししました。


スタイルは、なるべく長めのカットで可愛いAさんの雰囲気に合わせます

ウィッグケアの道具も、スタンドもご購入いただきました。

これからも一緒にオシャレを楽しんでいただけるよう、治療に立ち向かえるよう協力させていただけたらと思います。


お母さんと明るく、楽しそうに帰って行かれる姿がとても良かったです

関連記事
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
Posted byNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply