NPOヘアエピテーゼ協会の活動

0 Comments
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
NPOの仲間の活動が、どんどん広がっています。
私もしっかり見習って活動します。

sendai写真はパーソナリティーの斉田景子さんと。

元の髪型に再現する「ヘアエピテーゼ」とは

エフエムたいはく2010.2.15NPO法人・日本ヘアエピテーゼ協会 仙台支部の杉本恵さん(Family Hair みどり)は東北で唯一再現美容師の認定資格をもったかつら美容師です。病気や化学療法で脱毛した患者さんをウィッグを使って希望通りのヘアスタイルを再現しています。
3年前、地方の方々にも「医療用かつら、ヘアエピテーゼ」をお伝えしたくて協会に加盟しました。

gansapo
がん体験者ならではのできることを追求し見つけ出した「再現美容師」という職業

がんサポート2010.1.15再現美容師=NPO法人ヘアエピステーゼ協会の認定資格で、「ウィッグを使って希望通りのヘアスタイルを再現する」美容師のこと。医療用ウイッグのカットやスタイリング技法、治療後のヘアケアや患者のメンタルケアなどを、総合的に習得した美容師だけに与える資格だ。

ヘアエピテーゼ協会の設立は05年。がんと闘う家族や美容師が中心となり、抗がん剤治療や放射線治療、脱毛症で悩む人々をサポートする目的でスタートした。2ヵ月に1度行われる「かつらの学校」では、前述の再現美容師の育成も行っている。
関連記事
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
Posted byNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply