9日の制作です

0 Comments
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
3月にご相談いただいた医療用かつらの制作です。
国立大阪南病院からのご来店で、乳がんの患者様。


前向きな方で、いつもは出来ないヘアスタイルをどうせなら楽しみたいと。

患者さんによっては以前からのヘアスタイルのままが良いという方もいますが、ここまで大胆な提案もおもしろいです

抗がん剤は4月下旬になるそうなので自髪をまずはショートにしました。

脱毛まではこのままで普通に生活できます。


そしてウィッグの制作です。

肩下のミディアムスタイルでちょっと長めの前髪を作りました。

脱毛後に再調節して完成させます。


これからのがん治療は第2の人生のスタートと思います。

治療をしっかりやってかつらが取れる日までしっかりフォローしていきたいと思います。

再現美容師なので自髪が伸びてきてもお任せください
関連記事
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
Posted byNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply