制作したウィッグのお手入れ

0 Comments
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
医療用かつらのお仕事は、かつらを売る仕事ではありません。

患者さんは今後も元気に楽しく生きていく、そのお手伝いをする仕事。

美容師のアフターフォローは今まで磨いてきた技術、接客全てが本物。

言い方はQOLと略した言い方をしますが、私たちのアフターフォローには略するところはありません


抗がん剤治療前の相談

制作に向けてのスケジュール作り

制作

カットスタイルを数回かけて整えます

ウィッグのからみや、ダメージを定期的にケアして良いコンディションに

地毛が出てき始めたらそれも整えます

いよいよ自毛デビュー

その後はカラーも頭皮に付けないゼロ塗布によってキレイに

こうやって普通の生活に戻っていっていただきます。
ココまで出来るのは美容師のみと思っています。


28日もご来店いただいた患者さんのケアと、ご主人のカットをしました。

とっても仲の良さそうな夫婦で良い感じでした。
若々しくなっていただきました
関連記事
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
Posted byNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply