13日のウィッグ制作

0 Comments
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
13日は脱毛症の方の医療用かつら(ウィッグ)を制作しました。

若い患者さんがいつもの生活が楽しめるよう、似合うようにカット。

元の黒い髪に合わせるために黒のヘアマニキュアをしてからお渡しすることにしました。


カットは終わったけど、もう一度フィットさせてから毛量とサイズを確認することにしました。

月曜から水曜は臨時休業するので休み明けにはご用意できるようにがんばります


siho2月は「SHIHOの心月間」です。左のバナーをクリック


signボイス・オブ・ペイシャント』サイトへはこのリンクをクリックしてください。

がん治療は高額な治療費が長期間必要です。
そこで、女性らしさを再現する補整具(ウイッグ、人工乳房、下着等)が医療費の対象となり、助成をうけられるよう、ヘアエピテーゼという垣根をはずし、多くの声を集めて行政に働きかけることにしました。

関連記事
NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)
Posted byNPO法人日本ヘアエピテーゼ協会 大阪府河内長野店 医療用ウィッグ(かつら)を製作するhair's ash(ヘアーズアッシュ)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply