Archive2011年07月 1/1

29日の医療用かつらのカット

No image

1ヶ月前に作った医療用かつらのメンテナンスカットをしました。お仕事をしながら抗がん剤治療をしている女性です。似合うようにカットしているのですが、目が慣れるまでは辛抱して着用していただきます。ちょっと着けてるととっても似合ってくるんです。目が慣れるって感じで、周りも見慣れてきてくれます...

  •  0
  •  0

地毛デビューにウィッグケア

地毛デビューはいきなりは出来ません。直前になると、増えた白髪を染めつつバックは少しカットしていきます。まだ使わないといけないウィッグはピカピカにします。カラーカットをしている間にシャンプーをしています。夏は毎月ケアに来ていただくとばっちりキレイ...

  •  0
  •  0

ウィッグのケア

医療用かつらは制作ばかりではありません。一番大事なのは患者さんが毎日生活に活かせて楽しく治療生活をすること。コーティング処理や、シャンプーブローにご来店いただくとピカピカに出来ます毎日数名の患者さんがご来店いただいています。ケアをするとすっかりキレイに、絡んでいたバックもさらっとストレートに...

  •  0
  •  0

One Worldプロジェクトの報告 追加

No image

NPO日本ヘアエピテーゼ協会でOne Worldプロジェクトに参加した報告。One Worldプロジェクトのブログでも報告していただいていました。私たちの協会からは、なんと92個にもなっていました! 被災地の患者さんたちへの私たちなりの応援が届いて嬉しく思います。この機会を作って下さったワンワールドプロジェクト、日本対がん協会さんありがとうございました。...

  •  0
  •  0

One Worldプロジェクトの報告

No image

被災地のがん患者の皆様に物資の支援をする、「One World」プロジェクトの報告がありました。4月末日までに、ウィッグ1400個、帽子約4500個が届けられたそうです。日本ヘアエピテーゼ協会では会員みんなでタオル帽子を送りました。アッシュからもみんなで一生懸命縫って送りました。この震災はみんなで協力して乗り越えていきたいです...

  •  0
  •  0

日々の自毛デビュー

No image

今週は自毛デビューのご相談が多いです。悩みは、1.くせ毛2.白髪さらにせっかく伸びてきたので切りたくない。ほとんどの患者さんが5センチぐらい伸びてきてて、みんなこのセリフを言われます。すごく気持ちが分かります。しっかりお話しすると、意外と襟足のカットとカラーのみで終わる方が多いですもう少し伸びたら縮毛矯正もしたいですね。...

  •  0
  •  0

鳥取支部の横川千歳さんが県政だよりに掲載

No image

 6月の関西の講習会で一緒に勉強した仲間の、横川千歳さんが鳥取県政だよりに掲載。鳥取県のホームページの、PDFはコチラです。上の行のコチラをクリックして、P13に掲載されています。明るくて、元気な彼女の頑張りが認められて嬉しいですかつらで笑顔を取り戻したい」日本ヘアエピテーゼ協会鳥取支部 横川千歳さん7月号のとっとり『県政だより』に、鳥取支部の横川千歳さんが紹介されました。杉本さんは、倉吉市内で「女...

  •  0
  •  0

自毛のカラーとカット

No image

ウィッグはまだ取れないけど自毛が伸びてきている方のカラーとカットをしました。抗がん剤治療後は白髪が増える方が多く、部屋でウィッグ無しで過ごしていても気になるようです。同時期に友人と乳ガンを発症し、アッシュでウィッグを作っていただきました。お二人ともとても明るく元気でいつもパワーをいただいていますこの先もキレイになるお手伝いが出来るようがんばります...

  •  0
  •  0